こんなにすごい!不断水
2017年7月31日

不断水による配管工事のメリット

上水道や下水道の配管工事を、配管内の水の流れを止めて行っていた時代には様々な手間が必要でした。
まず工事現場周辺では断水が生じるので、周辺住民に告知する必要があります。
また必要に応じて給水車を手配しなければなりません。
さらに古いバルブには赤錆が付着しているのが通常です。
水の流れを止めるには古いバルブを動かすことになるので赤錆が剥離して配管内の水が濁ります。
配管工事が完了した後に配管内の清掃が必要になります。
工事に必要な全ての作業が完了するまでに時間がかかると人件費などコストが必要です。

不断水による配管工事の大きなメリットは様々な分岐管やバルブを設置する作業自体を迅速に行えるだけでなく、工事に付帯する作業を省略できる点にあります。
全体的な工事期間が短縮されることによりコストを削減できます。
不断水による配管工事の技術には分岐工法と凍結工場があり、いずれも迅速な工事が可能です。

特に凍結工法は液体窒素を使用して工事個所の両端を凍結させ、バルブの代わりとして使用します。
そのためバルブがない場所や離れた場所でも利用でき、バルブ自体の交換もスムーズに行えるというメリットがあります。
分岐工法は穿孔機のドリルで既設管に穴を開けます。
既設管に割T字管と仕切弁、穿孔機を取り付けて穴を開けた後で分岐管やバルブを取り付けます。
この場合割T字管と仕切弁は取り付けたまま新たな分岐管などが取り付けられます。
仕切弁は全開か全閉のいずれかなので交換作業時に使用されますが、水流量を調整したい場合には新たなバルブを取り付けます。
不断水により工事を行うことができ、穿孔時の切屑も水圧で押し出されるため配管内を汚すことがないというメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です