こんなにすごい!不断水
2017年7月31日

不断水による配管工事の種類とは

上水道や下水道の配管工事を不断水により行う方法には大きく分けて2種類のものが存在します。
分岐工法は穿孔機のドリルを使用して機械的に穴を開ける工法です。
一方凍結工法は液体窒素を利用して作業部分の両端を凍結させ、バルブの代わりとして利用します。
分岐工法では完全に不断水の状態で作業ができますが、凍結工法では部分的に断水が生じます。
凍結部分がバルブの代わりとなるので、バルブ自体を交換する場合や遠い場所で作業を行う場合などに便利な工法です。

配管工事には様々なものがあるので、工事の種類に合わせて最適なものを選択する必要があります。
分岐工法は上水道や下水道で分岐管やバルブを設置するのに利用されます。
完全な不断水状態で作業ができるので、周辺住民に対する告知などは不要です。
また断水を生じさせて上水道の工事を行う場合には、給水車の手配が必要となることがあります。
分岐工法であれば給水車の手配も不要です。
様々な手間を省くことができるので工事期間の短縮につながります。

凍結工法は部分的な断水は生じますが、全体的には不断水状態で作業が可能です。
デパートのような大規模施設で各フロアごとに工事を行う場合などに適しています。
分岐工法も凍結工法も古いバルブを開閉する必要がありません。
古いバルブには赤錆が付着しており、開閉すると剥離して水が濁るため配管内の清掃が必要になります。
バルブを開閉せず不断水状態で作業を行うと、水が濁ることがないので清掃作業も省略できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です