岡山で蛇口交換をするタイミングとは

岡山で蛇口交換をしようと考える機会はそれほどないかもしれません。一般的に岡山で蛇口交換をするタイミングとしては、10年から20年ほど使ってから交換するスタイルが多く見られます。その中でも特に、毎日使う場所であるキッチンやお風呂トイレ洗面所などは消耗が激しいことから、劣化のスピードも速い傾向にあります。もしも15年以上使っている蛇口であれば、部品交換などによって水漏れを直すことができるかもしれませんが、すぐに不具合が生じる可能性が高いです。

このようなことを考えれば、蛇口全体を交換してしまったほうが、後々のことを考えると経済的にも良いケースがほとんどです。岡山で蛇口交換するのであれば、まずは新しい蛇口を選ぶ必要があります。新しい蛇口を選ぶ場合には、取り付けタイプとそれぞれの寸法に注意して選ぶ必要があります。取り付けタイプとは給水管と接続部分の形のことを指しています。

異なる取り付けタイプに交換することはできないため、まずは取り付けタイプを把握することが求められます。一般的にはキッチンの場合には3種類、お風呂は2種類、洗面所は3種類があり、その他様々なところにある単水栓があります。取り付けタイプを確認することができたら、取り付け手順に関しては共通する部分がほとんどです。一般的には水道の元栓を閉めたら止水栓を閉めます。

止水栓からホースをはずして古い蛇口を取り外したら、新しい蛇口本体に取り付けます。その後止水栓にホースを取り付けてキッチンの止水栓を開けましょう。最後に水道の元栓を開ければ完了です。