トイレの詰まりと水漏れはすぐに解決すべき

トイレが使えない生活は不便どころではありません。一日に何度も使用する場所だけに、詰まりや水漏れトラブルが起こった場合は早急に解決すべきです。自分で直せるものは自分で修理し、自力では無理だと思ったら迷いなく水道会社に連絡を入れましょう。日頃からいくつかの水道会社をピックアップしておくのも賢いやり方です。

水洗トイレの内部構造は、便器内に水を張るため排水管が一度上側に曲がっていて、その先でストンと流れていくよう下側に向いた形になっています。排水管が一度上側に曲がっているS字カーブの箇所を「せき」と言いますが、他の箇所よりも幅が狭く、トイレットペーパーなどが詰まりやすいです。せきにトイレットペーパーが詰まっている程度の軽い状態なら、ラバーカップで簡単に解決することができます。しかし、ラバーカップではどうにもならず、トイレからずっと奥の下水管に流れていく箇所で詰まりを起こしているようなら、特殊な工具を使用するプロの修理が必要となるため、すぐに連絡することをおすすめします。

トイレの水漏れは、温水洗浄便座が普及してから物凄く増えました。便器本体や給水タンクのヒビ割れよりも、温水洗浄便座からの水漏れが圧倒的に多いです。温水洗浄便座は電気が通っているものなので、むやみに素人が分解すると大惨事につながることもありますので注意が必要です。水漏れを長く放置していると、床にカビが生えたり、水道代が無駄に掛かるため、すぐに解決しなければ損をするばかりです。

詰まりも水漏れも早く解決するに越したことはありませんので、すぐに行動しましょう。